(株)アライの社員ブログ

群馬の断熱改修・長期優良住宅のことなら(株)アライ

*

住宅の改修と住宅の世襲

      2016/03/19

まれなケースではないと思いますが、両親が住んでいて現在空家の住宅に子供夫婦が住むことになるケースです。両親が亡くなってから10年以上が経っており、住宅の所有権は誰に有るのかが解らない場合があります。お子さんが数人おられてお子さん名義になっていれば問題なないですが、ご両親どちらかの名前である可能性があり、この場合相続を行う必要があります。住宅を世襲して頂く事は、努めであり、ぜひお願いしたき事柄であります。行政側にも問題があると思いますが、住宅の所有者がはっきりしない場合、何かと困りますのでご注意ください。改修は一度にすべてを行う事が望ましいですが、計画を立て2度3度と行うことも時には必要です。

 - 新着情報