(株)アライの社員ブログ

群馬の断熱改修・長期優良住宅のことなら(株)アライ

*

断熱材のこれから

      2016/03/19

住宅の断熱材はグラスウール ロックウール セルロースなどの繊維系と発砲プラスティック系があり、それぞれの断熱材で熱伝導率を競っていますが、現在のZEHやLCCMの考えには断熱材はもっともっと十倍以上の熱電率で安価のものの開発が必要であると思います。断熱材としは長年使用しても変化の少なく熱伝導率の下がらないもの、人体に悪影響のないもの、火事に対して問題がないものなどを選定の基準にしてきましたが住宅一棟断熱をする人工は、大変多く、特に付加断熱の場合に大きな人工を要しますので十数倍の熱伝導率の断熱材の開発をとり急ぎお願いしたいです。

 

 - 新着情報