(株)アライの社員ブログ

群馬の断熱改修・長期優良住宅のことなら(株)アライ

*

床断熱

      2016/03/19

住宅に断熱材を最初に入れたのいつだったでしょうか。
国に基準が改正されたのは昭和55年です。当時の断熱材グラスウール10Kで50ミリいれるこ厚のものでした。壁には充填しましたが、床に入れること少なかったように思います。それから30年余りたった現在、床には断熱材を入れることは当たり前になりましたが、床の断熱材を効果が出るように入れてくれる業者の少ないことには頭を抱えます。断熱材ですから新築でも改修でも断熱材が効果を十分に発揮できるような施工お願いをします。

 - 新着情報