自然素材の高断熱住宅

約35年前、筆者は希望に満ちた高校入学を迎えていました。
当時多野郡鬼石町三波川の山の中からではバスと電車をどう乗り継いでも通うことのできない場所でした。
今回建て替えられたお客様は35年前下宿屋でお世話になった恩師です。
住宅は自然素材の高断熱住宅です。
長期優良住宅とぐんま優良木材とで補助金の申請をしています。
外観は和型の瓦に落ち着いた色のサイディング貼りです。
東側の玄関を開けて中に入ると手作りの下駄箱と漆喰壁 栗の床板 杉板の天井と沢山の自然素材があり、リビングには立派な大黒柱があります。
8畳の和室はゆったりと過ごす空間仕上がり絞り丸太の床柱はクローと好みです。
洗面スペースは大きく入浴が楽しみそうです。
2階は大きな洋間が2つあり風の通り抜けは良さそうです。