足利市のQ-1住宅

国道50号を太田市から足利市に入り、
3㎞程走ってから左折して、
閑静な住宅街の中に壁220mm断熱の住宅が完成しました。

木造2階建て瓦葺 延べ床面積129.6m2の広さの住宅です。

ご夫婦とお子様の3人で暮らされる様です。

昨年、新住協 関東支部の有志により発行した、
北関東の高断熱住宅の第1号をもって弊社にお越し頂き、
建築中の住宅やお引き渡しを受けている住宅、完成内覧会にお越し頂き、
住宅を建てさせて戴きました。

外部はサイディング ツートンに張りわけられており、
落ち着いた雰囲気の玄関サッシが気品の高さを訴えております。

内装は無垢の床板 杉の天井板に漆喰壁やケナフと自然素材が沢山使用されたお部屋に仕上がりました。

壁220ミリ断熱は暑さや寒さが厳しいとき威力を発揮し
冬暖かく夏涼しい住宅は、まだ小さなお子さんにとって
非常に大きな力を与えてくれそうです。

太陽光発電がのり、究極のエコハウスの完成です。