越屋根住宅完成

上信電鉄沿いの吉井町小暮に越屋根住宅が完成しました。
漆喰外壁に腰板貼りの外壁、屋根には三州瓦と和風のこの住宅は、
少し高台にそそり建っているように見えます。

住宅の内部は檜の床、杉の天井、漆喰壁と自然素材が沢山使用され、吹抜けにはキャットウォークがあり、空気の動きはかなり良さそうです。
西側にある対面キッチンは、小上りになった和室と組み合わせて畳の生活に満足します。
各所に物入れの配慮があり使いやすさは折り紙つきです。
断熱は基礎断熱 壁断熱 屋根断熱で、使用したサッシはアルミPVCのガス入りLowEで換気は3種になっています。Q値は2.06W/m2K申し分のない数字です。