私たちは、住まいづくりに使う素材を十分に吟味しています。
その結果、行き着いたのが『自然素材』です。
無垢の木、漆喰・珪藻土、自然塗料、そして光と風。
どれも、私たちの体に安全で、安心してお住まいいただくために、自然の中に息づくものを取り入れています。

『無暖房住宅への挑戦』

太陽と友達になりながら暖房エネルギーを最小限におさえる「無暖房住宅」を造りました。

「無暖房住宅」とは?

無暖房住宅とは、自然エネルギーを存分に活用し太陽と友達になりながらテレビ・冷蔵庫・電子レンジ・パソコンなどの家電製品や身体から発せられる生活熱と太陽からの熱を生かして快適な温度を保つように設計しております。
そこで重要になるのが、厚い断熱材と気密性能です。

アライでは300mm断熱とトリプルガラスを採用し、お客様への「健康・安全・安心」をご提案させていただくため、「無暖房住宅」に挑戦します。


 

高断熱・高気密・無暖房住宅に取り組む

本当に冬あたたかく、夏すずしい住まい・・・

1983年、私たちが住宅の方向性を模索していたときに出合ったのが『高断熱高気密』の考え方です。
家全体を断熱材ですっぽり包み込みながら、気密シートで壁全体をカバー。
室内の温度差は、ほとんど生じません。
夏は、風の通り道を計算して作った窓を開けて、自然に風の流れを生む設計により涼しく、
冬は暖房器具を使わなくとも、朝の室温が18℃。トイレや浴室に特別な暖房を要さなくとも室内の温度差が生じづらい住まいです。

また、少ないエネルギーで四季を通じて快適な室内温度が保てるので、省エネ性も抜群。
開放感のある吹き抜けや仕切りのない大空間など、間取りも制限しません。
断熱材の切れ目を作らないことで壁体内結露の発生を抑え、建物の耐久性も確保します。

冬は差し込んでくる陽射しでポッカポカ!
夏は涼しいときに風を取り入れれば ひんやり感が持続


私たりは、設備に頼らずとも快適な空間づくりをしています。
そのために欠かせないのが自然エネルギーの活用です。
太陽の角度や風向きなどは、快適な住まいをつくるうえで大切な要素。
冬は窓から入る光で室内を暖め、夏は風の通り道を計算して作った窓を開けて自然に風の流れを生む設計で、無駄なエネルギー消費を抑えた省エネ住宅をつくっています。

漆喰・珪藻土

壁には、昔ながらの建築素材である漆喰や珪藻土を使用しています。
漆喰は、火に強く、防水性にも優れているため、外壁としても使います。
CO2を吸着してくれる性質もあり、地球温暖化防止にもひと役買うことができます。
ホルムアルデヒドも吸着するので、内壁に使うとシックハウス症候群にも効果的です。

珪藻土には小さな穴があり、そこに生活臭やタバコの煙を吸着してくれます。
ともに調湿効果もあるため、室内の空気はとても心地良いものとなります。

無垢材

私たちは、昭和48年に木を扱う会社として産声をあげました。
木のプロとしての厳しい目で、質のよい群馬県産の木を選んで積極的に使用しております。

県産材を使用することは、県内の林業や木材産業を元気にすることにもつながります。
また、群馬県産材を使用することによる補助金制度もあります。