群馬県で家を建てるなら(株)アライへ。長期優良住宅、断熱改修で実績のある会社です。

早いですねあの震災からもう2年です。

2013.03.13

平成23年3月11日、午後2時46分、
今まで経験した事のない大きな地震が東日本一帯を恐怖に落とし込みました。
この日小学校、中学校時代の同僚と藤岡の同僚の店でなべでも囲むかと算段をしていた時でした。
非常に大きな揺れは時間にして3分位に感じました。
テレビのスイッチをいれ、情報を取ろうとしたのが地震後最初の行動でした。
東北地方の沖で大きな地震があり、大津波警報が発せられたとの報道でした。
高崎市を襲った震度5強の地震は底知れない恐怖を与え、建物被害の発生を予告しました。
幸い電気が通じていたため社員の安全は会社の電話で何回も何回もコールしてとれ、それぞれ近くの建築中の現場を見てきてもらい、建築中の現場は幸い大きな被害はなくほっとしました。
テレビでは、津波の様子が放映されて被害が想像を絶する大きさになった事、目を覆いたくなる映像が流れていました。
NPO法人新木造技術研究協議会の本部は宮城県仙台市にあり、地震直後から連絡を取っておりましたが、なかなか連絡がとれず、2日後の夕方携帯電話がやっとつながり、無事の確認ができました。
絆という字がこの年の漢字に選ばれた事は一生忘れないと思います。
あれから2年、昨日平成25年3月12日仙台で新住協の理事会があり行って参りました。
復興はこれからだよと、仙台在住の代表理事、断熱改修をした住宅に住まわれていた代表理事は、ライフラインが断たれた状態での生活を話してくれます。
耐震、断熱改修の重要性を強く感じました。

cheap nfl jerseys | cheap jordans | nfl jerseys cheap | cheap nfl jerseys | cheap wholesale jordans | cheap jerseysstainless jewelry wholesalepompy wtryskowe bombas inyeccioncubic zirconia wholesalewholesale jerseys