囲炉裏のある家

高崎郊外に建っているこの住宅は、屋根は一文字瓦葺きと銅板葺きで、外壁は杉と麻スサの入った漆喰塗りに仕上げています。軒の出を深くして夏の日差しを遮 り、建物の上部に設けた越屋根から夏の熱気や湿気を上昇気流とともに家の中から抜けていくようにし、太陽の位置が低くなる冬は、南に設けた開口部より陽光 を家の中にたっぷり取り込み暖かくすごせるように工夫が凝らされています。室内は、檜や杉、唐松などを床に使い、壁は炭の入った漆喰を塗っています。玄関 を開けると檜の9寸角の大黒柱に太い梁、欅の格天井が見渡せる開放感いっぱいの吹き抜けを見渡すことが出来ます。また、天井に桜の錆び丸太や古材、黒竹を 配し、囲炉裏を設けた部屋をつくり、家族団欒の癒しの空間を作り上げました。
昔ながらの安心できる素材と大工、職人の受け継がれた技を使いながら、木造住宅の断熱化に取り組み、次世代型省エネルギーを大きくクリアーした、子供の代の環境を考え、健康で安心して暮らせる住宅を造りあげることが出来ました。




cheap nfl jerseys | cheap jordans | nfl jerseys cheap | cheap nfl jerseys | cheap wholesale jordans | cheap jerseysstainless jewelry wholesalepompy wtryskowe bombas inyeccioncubic zirconia wholesalewholesale jerseys