住宅の性能を考えた、全面遮熱LowEガラスの木造瓦葺住宅

新住協というNPO法人があります。
室蘭工業大学の鎌田紀彦教授が代表理事を務める法人です。
今年で2回目になりましたが、Q−1住宅の全国一斉見学が2月第一土・日に開催されました。

前橋の駒形町に由緒正しい神社があります。
境内のほど近い所に住宅が建築されました。
道路拡張に伴うものでした。

現役の時は名棟梁のお父様と電機メーカーにお勤めのお施主様。
お会いしたのは昨年の夏だったと思います。

新住協の活動をご存じの御子息との対話は興味深く、味わいのあるものでした。
住宅は木造瓦葺2階建ての住宅で、ガラスにはいろいろ議論のすえ、
全面遮熱LowEガラスが入る、とても珍しい住宅でした。

お施主様との会話は夏・冬のどちらに趣を置くかという事でしたが、
データを取らせて頂く事を条件に採用を決まりました。

暖房負荷と冷房負荷の大きさは、どちらが大きいのか、このことは何度もお客様とお話をさせて頂いております。
弊社の仕様は、遮熱LowEではなくて、通常のLowEガラスを東・北・西面に、
当然必要なのは、お客様との2人3脚での遮蔽物を付けて、夏場を防ぐことが前提ですが、
南面は通常のペアガラスで、できればハニカムサーモスクリーンなどの断熱戸を付けて頂いております。

住宅の性能とは何かを考え直させて頂きました。




cheap nfl jerseys | cheap jordans | nfl jerseys cheap | cheap nfl jerseys | cheap wholesale jordans | cheap jerseysstainless jewelry wholesalepompy wtryskowe bombas inyeccioncubic zirconia wholesalewholesale jerseys