群馬県で家を建てるなら(株)アライへ。長期優良住宅、断熱改修で実績のある会社です。

構造材の産地ブランド化

2012.04.10

群馬県は県土の約60%が森林で昔から赤城 榛名 妙義の上毛三山は県民の憩いの場と良質な景観を与えてくれています。
多くの木材は杉材です。
檜と唐松 栗 欅 ブナ などの広葉樹もあり、森林には春になると木の芽や山菜など香あふれる素材が実り、食卓をにぎわしてくれます。
この木材を使用しての住宅をつくりは、群馬県庁を中心に長い間取り組んでいます。
立木の伐採、搬出 製材 乾燥 プレカット など群馬県業者に発注して仕事量を増やし、過疎化で悩む山村部落に仕事と活気を与え、木材に触れる喜びと自然の恵みに感謝をし、木材の役割 変化 強さなどを学び説明をする事の大切さを未来へ語りつづけなければなりません。
それと同時に山への関心を持たなければなりません。

この木材を群馬県産材として普及を計り、人口林の維持管理を徹底し、伐採計画は植林計画と共にたて再生可能な素材として位置付ける。
木材の製材と乾燥をして商品になります。
そもそも群馬の木材とはどんな特徴を持っているかと言うと、山林の殆どに杉が植えられており、これに檜 唐松などの針葉樹が少々あり、又紅葉の季節にはナラ、クヌギ,銀杏、紅葉,俸,樺、ブナ、欅、桜などの葉が色づき、県民の目を楽しませてくれます。
ブランド化とは、素材が良い事、名前が通る事、安定した供給ができる事が条件になり、群馬県産材はブランド化の道を間違いなく歩いています。