(株)アライの社員ブログ

群馬の断熱改修・長期優良住宅のことなら(株)アライ

*

床断熱工事

 

最近では施工事例が少なくなりました床断熱、施工のやり方を紹介いたします。工事は大引の下に断熱材の受けを取り付け、透湿防水紙を貼り、そこに断熱材を充填致します。気流止め工事は外壁との取り合いについて土台上250ミリの位置に下地材を4周まわして土台と下地材の間にポリエチレンフィルムをはり、床下と外壁間の気流を止めます。土台の上に根太を貼り、土台と直行する方向には根太掛けをはり、気流止めの損傷を防ぎます。根太間に断熱材を充填して合板を貼り、柱や筋交いの部分をテープで気流止め工事を行います。床下点検口には、断熱気密工事ができる工夫とユニットバスや玄関では、基礎断熱との取り合い部分にも十分な注意が必要です。床には上下水の配管がありこの問取り合の気密にも注意が必要です。

床断熱 断熱うけの下地施工


透湿防水紙の施工 セーターの上にヤッケを着るが如く


大引間の充填断熱 排水管や上水に注意をはらって


根太間の断熱施工状況

 - ブログ