(株)アライの社員ブログ

群馬の断熱改修・長期優良住宅のことなら(株)アライ

*

断熱改修3回

 

今回は壁の断熱と間仕切りの断熱の話が主です。
今回の断熱改修は、生活空間のキッチン・リビング・浴室・洗面・トイレとそこを繋ぐ廊下です。改修部位は基礎、壁、天井とサッシです。壁と天井の取り合いが紹介できそうです。気流止めは先張りポリエチレンフィルムです。外壁に面する壁には高性能なグラスウール16K100ミリを充填してポリエチレンフィルムを桁上まで張って構造用合板を筋交い補強に貼りました。壁工事施工後天井下地の野縁を組んでポリエチレンフィルムを張り耐火ボードで押さえてから天井の断熱材を吹き込みます。グラスウールやロックウールなど繊維系断熱材は反発する力が沢山ある良い素材です、それに発砲系断熱材より安価であるため使用をしていますが、工事には細心の注意が必要であり、定義である乾燥した静止空間になるよう努めます。今回の浴室はブロックが床より800ミリ程上部に積まれておりこの部分だけ基礎断熱を外に施しました。
工程はあと2週間程です。

間仕切りの断熱 この上にポリエチレンフィルムを張り気密します。


外壁の断熱工事 丁寧に施工しています。

 - ブログ