(株)アライの社員ブログ

群馬の断熱改修・長期優良住宅のことなら(株)アライ

*

気密試験

      2016/03/19

高断熱住宅の性能は、気密性能の高さで担保されています。現在では気流止めを施さなければならないと断熱講習会で説明をしていますが、気流止めとはまぎれもなく気密性能の事で数字が小さければ小さいほど性能は良いという事になります。使用する断熱材によりますが、繊維系の断熱材を使用する場合、壁の中に断熱材を充填しますがここに空気を通す事なく、乾燥した静止空間に保つ事が必用であり、この工事の出来栄えを試す試験を気密試験と言います。断熱住宅では、最も重要な工事です。

気密測定

 - 新着情報